HOME

 ASIA-NET Bridging people, business and culture in Asia




 アジアビジネスに臨む3つのステップ



 ■3つのステップとは・・・
  第一に、まずは現場に行くこと
  第二に、人を探すこと
  第三に、情報のキャッチボール体制を作ること

 1)
まず現場に行く
 ・日本国内での情報収集には限界がある
 ・統計資料や企業データはないよりはまし、しかし、多すぎると「害」になる
 ・関連する展示会を視察する、展示会の選び方/展示会視察のポイントについて
 ・現地で企業を訪問する、企業訪問のアポ取り/ヒアリングポイントについて、工場見学のポイント

 ・現地で見るべきポイント、デパート/スーパー/コンビ二/市場(庶民の買い物の場)に足を向ける
 ・ビジネスの最前線の熱気を感じる、現場でしか感じることができないムード感を大切に
 ・現場の熱気、そこで働く元気な人の活気、社会の躍動感など、現場の「気」を肌で感じる
 ・経営者自らが現場へまたは権限を完全委任した責任者を現場へ
 ・「ビジネスは会議室で起こっているのではない。現場で起こっている」

 2)人を探す
 ・ビジネスはモノ探し≦人探し
 ・通訳を探す、優秀な通訳を見つけ出す/同一地域に指名通訳を
 ・情報のコア人材を探す、継続して情報交換のやり取りができる人を見つけ出す
 ・訪問先企業の責任者と食事会に誘う、日本語ができるアシスタント/秘書は要チェック(重要)

 3)情報のキャッチボール体制を作る
 ・メールでのやり取り、ホームページでの情報発信(定量通信)
 ・定期的な展示会視察を行う、業界視察/現地視察はビジネスの見極めまでに最低3回(定点観測)
 ・定期的に情報交換ができる機会を持つ、第三国での展示会視察や共同ヒアリングなど(定期交流)

 ■現地視察前の3つの準備ステップ

 1)「強み」を見極める
 ・自社の「強み」を徹底的に見極める、徹底的に主張する、「強み」PRシート、
H/P

 ・自社の「強み」が現地で通用する「強み」かどうかの判断
 ・「強み」の判断(再確認)、補強(再検証)、転換(再構築)の進め方

 2)責任者の人選
 ・アジアビジネスに取り組む社内の人員とトレーニング
 ・異文化理解への取り組み、48時間の語学研修より2時間の異文化講座または一冊の本
 ・責任者(担当者)のホンキ度、経営者のホンキ度
 ・スピーディに行動を起こす「やる気」、チャレンジ精神のための「勇気」、本領を徹底的に発揮する「ホンキ」

 3)事前準備アイテム
 ・「強み」PRシートを準備、それぞれA4版一枚の会社の「強み」PRシート/製品の「PR」PRシート
 ・自分の「強み」をPRするためにA4版一枚の自己PRシートを準備
 ・ホームページで情報発信、トップページを現地の言葉で情報発信、会社の「強み」PRシートをPDF版bでリンク


 


 ASIA-NET Bridging people, business and culture in Asia
   〒151-0061東京都渋谷区初台1-51-1初台センタービル5F≪地 図≫
   TEL:03‐3299‐8813 (9:30〜17:00/月〜金)
  FAX:03-3299-8815
 
 ASIA-NET
 Crosscosmos Corp
 Asia IT News & Products

HOME

Copyright (C) ASIA-NET  All Rights Reserved